2018/01/03(水)Project Gutenberg と LibriVox のごく簡単な紹介 ~青空文庫にはない特徴を中心に~

2018年になってしまいましたが、こちらは「青空文庫 Advent Calendar 2017」の25日目の記事です。大学院生の頃、英語の勉強も兼ねて、ちょこっとだけ青空文庫の海外版とも言える Project Gutenberg を利用したことがあるので紹介してみたいと思います。

Project Gutenberg

U.S. の著作権法での保護期間を過ぎた作品が大部分の電子本を扱うサイトです。著作権保持者が非商用利用での使用許可を出している作品などもあります。

注意事項としては、Project Gutenberg の作品へのリンクを貼るときはファイルへのリンクを貼ってはならない(Do not link)ということです。リンクを貼る場合は https://www.gutenberg.org/ebooks/11 のようにランディングページへリンクするといいようで、特定の作品のリンクが必要な場合は、作品を自身のサーバにコピーしてそこからリンクさせるよう指示があります。

青空文庫とは違って、物語テキストだけでなく、以下のような著作権法の保護期間の切れた音楽・映像・音読もあります↓

Ride of the Valkyries by Richard Wagner and American Symphony Orchestra

This eBook is for the use of anyone anywhere at no cost and with almost no restrictions whatsoever. You may copy it, give it away or re-use it under the terms of the Project Gutenberg License included with this eBook or online at www.gutenberg.net

日本語訳で知っている作品なら英語の勉強にも易しいかと思います。

LibriVox

LibriVox は Project Gutenberg の The Audio Books Project と提携しているサービスの1つで、パブリックドメインの本の音読・朗読が掲載されています。The Audio Books Project と提携しているサイトの中でおそらく1番作品数の多いサイトだと思われます。

以下によると、こちらにアップロードした音読・朗読作品もまたパブリックドメインになります。

LibriVox volunteers record chapters of books in the public domain, and then we release the audio files back onto the net for free. All our audio is in the public domain, so you may use it for whatever purpose you wish. Please note: Our readers are free to choose the books they wish to record. LibriVox sees itself as a library of audiobooks. Because the books we read are in the public domain, our readers and listeners should be aware that many of them are very old, and may contain language or express notions that are antiquated at best, offending at worst.

https://librivox.org/pages/about-librivox/ より。

日本語の音読もあります。

中原中也の「サーカス」(音読:meronpan さん)

詩集のような作品で、セクション(1つの詩)ごとに複数の人・言語で音読しているものもあるのが興味深いです。

スクリーンショット 2018-01-03 11.49.04.png

青空文庫が学ばねばならない点があるだろうと思って、パブリックドメインの近しい海外のサービスを紹介してみました。以上で「青空文庫 Advent Calendar 2017」はおしまいです。執筆者の方々に感謝。2018年はどなたが「青空文庫 Advent Calendar」を作ってくださるのか楽しみです😸

2017/12/24(日)女の子風ボイスの朗読EPUBを手作りしてみた

Web技術 pawa

こちらは「ピクシブ株式会社 Advent Calendar 2017」 の24日目の記事です。

ピクシブ株式会社の pawa です。ピクシブでは主に「pixivコミック」「pixivノベル」「ピクシブ文芸」の開発に携わっています。今年の自身6記事目の Advent Calendar 記事です!

これまでに書いた Advent Calendar 記事:

  1. 青空文庫のごく簡単な紹介
  2. Amazon Polly で青空文庫の作品の音読を聴く
  3. 「青空朗読」の紹介【音声同期Epub】
  4. 体育会系Webエンジニアであることを生かしてスポーツライフをもっと楽しくしてみた
  5. Voice Works Plus で青空文庫の作品を朗読してみた

今回のテーマ

ここまで Advent Calendar を書いてきて、「『青空朗読』の紹介【音声同期Epub】」で音声同期EPUBを作るための知識を得て、「Voice Works Plus で青空文庫の作品を朗読してみた」で朗読音声を得ました。

今回は、その知識と朗読音声を使って、実際に「朗読EPUBを作ってみた」というお話です。何か好きな作品があれば、朗読を聴いたり自身でも朗読してみることによって、その作品・著者に対する理解がより深まると思います。

どのように朗読EPUBを実現するか

Synchronized Multimedia Integration Language(SMIL)」と「EPUB Media Overlays 3.0」で実現します。

前者はWikipediaの記事では以下のように説明されています。

Synchronized Multimedia Integration Languageは、WWW上でマルチメディアコンテンツを表現するためのマークアップ言語の一つである。静止画、動画、音声、文字(テキスト)などの、位置レイアウト、時間軸上でのレイアウトを、Extensible Markup Language (XML) フォーマットで記述することで統合し、再生させることができる。略称はSMILで、スマイルと読む。同期マルチメディア統合言語と日本語訳されることもある。

後者の仕様は日本語版では以下のように説明されてます。

EPUB Media Overlays 3.0 は、EPUB Content Document と同期する音声表現用に、[SMIL](同期マルチメディア統合言語)、Package Document、EPUBR Style Sheet、および EPUB Content Document の使用方法を定義する。

「EPUB Media Overlays 3.0」の仕様に従って「Synchronized Multimedia Integration Language」でどういうタイミングで同期するかを記述することで、EPUBリーダーでよしなに再生できるようにしました。

(EPUBファイルの構成を可能な限りシンプルにするため、Readium というEPUBリーダーでしか動作チェックしていません。)

EPUBファイルの構成

理解・応用しやすいように最小限の構成にしました。

rodoku-epub/
├── META-INF
│   └── container.xml # 'OEBPS/content.opf' の場所を指定してあるだけのxml
├── OEBPS
│   ├── audio
│   │   └── 001.mp3 # 朗読音声
│   ├── content.opf # 本の情報を定義してあるファイル
│   ├── page
│   │   ├── 001.smil # 朗読音声とテキストの同期タイミングが書き連ねられているファイル
│   │   └── 001.xhtml # 本文
│   ├── style
│   │   └── main.css # スタイル指定
│   └── toc.xhtml # 目次
└── mimetype # EPUBのおまじない

これらのファイルを以下のように zip コマンドで固めると朗読EPUBの出来上がりです。

zip -0 ../rodoku.epub  mimetype
zip -r ../rodoku.epub * -x mimetype

rodoku.epub

audio/001.mp3

サーカス」(著:中原中也)という詩の朗読音声です。(詳細:「Voice Works Plus で青空文庫の作品を朗読してみた」)

content.opf

ごくありふれた情報定義という具合です。 <meta property="media:active-class">media-overlay-active</meta> の指定により、音声再生中のテキストにCSSクラス「media-overlay-active」が適用されて、再生が終わったらそのCSSクラスが外れます。(再生中のテキストの背景にCSSで色を付けるために使用します。)

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<package xmlns="http://www.idpf.org/2007/opf" unique-identifier="book-id" version="3.0" xml:lang="ja">
  <metadata xmlns:dc="http://purl.org/dc/elements/1.1/">
    <dc:identifier id="book-id">urn:uuid:0f8d6eec-a24a-46d4-b870-8d2ffcab1c52</dc:identifier>
    <dc:title>サーカス</dc:title>
    <dc:language>ja</dc:language>
    <dc:creator id="creator1">中原中也</dc:creator>
    <dc:creator id="creator2">pawa</dc:creator>
    <dc:publisher>朗読部ブログ</dc:publisher>
    <meta property="dcterms:modified">2017-12-25T09:00:00Z</meta>
    <meta refines="#book-id" property="identifier-type">uuid</meta>
    <meta refines="#creator1" property="role" scheme="marc:relators">aut</meta>
    <meta refines="#creator2" property="role" scheme="marc:relators">nrt</meta>
    <meta property="rendition:layout">reflowable</meta>
    <meta property="rendition:orientation">auto</meta>
    <meta property="rendition:spread">auto</meta>
    <meta property="media:duration" refines="#smil001">0:01:26</meta>
    <meta property="media:duration">0:01:26</meta>
    <meta property="media:active-class">media-overlay-active</meta>
  </metadata>

  <manifest>
    <item id="nav" href="toc.xhtml" media-type="application/xhtml+xml" properties="nav" />
    <item id="main-style" href="style/main.css" media-type="text/css" />
    <item id="chap001" href="page/001.xhtml" media-type="application/xhtml+xml" media-overlay="smil001" />
    <item id="smil001" media-type="application/smil+xml" href="page/001.smil" />
    <item id="audio001" media-type="audio/mpeg" href="audio/001.mp3" />
  </manifest>

  <spine page-progression-direction="rtl">
    <itemref idref="chap001" />
  </spine>
</package>

style/main.css

縦書きの簡単な設定と再生中のテキストの背景色を付ける設定のみのごく単純なCSSです。

@charset "UTF-8";

body {
  writing-mode: vertical-rl;
  -epub-writing-mode: vertical-rl;

  line-height: 1.8;
  letter-spacing: 0.1em;

  font-family: YuMincho, 'Hiragino Mincho ProN', 'Hiragino Mincho Pro', 'MS Mincho', serif;
}

.media-overlay-active {
  background-color:#def;
}

page/001.xhtml

本文です。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE html>
<html xmlns:epub="http://www.idpf.org/2007/ops" xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" lang="ja" xml:lang="ja" class="vrtl">
<head>
  <meta charset="UTF-8"/>
  <title>サーカス</title>
  <link href="../style/main.css" rel="stylesheet" type="text/css"/>
</head>
<body>
  <div class="main">

<p>  <span id="nrt0000">サーカス</span><br />
<br />
<span id="nrt0001">幾時代かがありまして</span><br />
  <span id="nrt0002">茶色い戦争ありました</span><br />
<br />
<span id="nrt0003">幾時代かがありまして</span><br />
  <span id="nrt0004">冬は疾風吹きました</span><br />
<br />
<span id="nrt0005">幾時代かがありまして</span><br />
  <span id="nrt0006">今夜<ruby>此処<rp>(</rp><rt>ここ</rt><rp>)</rp></ruby>での<ruby>一<rp>(</rp><rt>ひ</rt><rp>)</rp></ruby>と<ruby>殷盛<rp>(</rp><rt>さか</rt><rp>)</rp></ruby>り</span><br />
    <span id="nrt0007">今夜此処での一殷盛り</span><br />
<br />
<span id="nrt0008">サーカス小屋は高い<ruby>梁<rp>(</rp><rt>はり</rt><rp>)</rp></ruby></span><br />
  <span id="nrt0009">そこに一つのブランコだ</span><br />
<span id="nrt0010">見えるともないブランコだ</span><br />
<br />
<span id="nrt0011">頭<ruby>倒<rp>(</rp><rt>さか</rt><rp>)</rp></ruby>さに手を垂れて</span><br />
  <span id="nrt0012">汚れ木綿の<ruby>屋蓋<rp>(</rp><rt>やね</rt><rp>)</rp></ruby>のもと</span><br />
<span id="nrt0013">ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん</span><br />
<br />
<span id="nrt0014">それの近くの白い灯が</span><br />
  <span id="nrt0015"><ruby>安値<rp>(</rp><rt>やす</rt><rp>)</rp></ruby>いリボンと息を吐き</span><br />
<br />
<span id="nrt0016">観客様はみな鰯</span><br />
  <span id="nrt0017"><ruby>咽喉<rp>(</rp><rt>のんど</rt><rp>)</rp></ruby>が鳴ります<ruby>牡蠣殻<rp>(</rp><rt>かきがら</rt><rp>)</rp></ruby>と</span><br />
<span id="nrt0018">ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん</span><br />
<br />
     <span id="nrt0019"><ruby>屋外<rp>(</rp><rt>やぐわい</rt><rp>)</rp></ruby>は真ッ<ruby>闇<rp>(</rp><rt>くら</rt><rp>)</rp></ruby> <ruby>闇<rp>(</rp><rt>くら</rt><rp>)</rp></ruby>の<ruby>闇<rp>(</rp><rt>くら</rt><rp>)</rp></ruby></span><br />
     <span id="nrt0020">夜は<ruby>劫々<rp>(</rp><rt>こふこふ</rt><rp>)</rp></ruby>と更けまする</span><br />
     <span id="nrt0021"><ruby>落下傘奴<rp>(</rp><rt>らくかがさめ</rt><rp>)</rp></ruby>のノスタルヂアと</span><br />
     <span id="nrt0022">ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん</span></p>

  </div>
</body>
</html>

page/001.smil

音声開始位置と音声終了位置を書き連ねているファイルです。記述が大変過ぎて到底「スマイル」にはなりませんでした。😫 二度と手作業ではやりたくないです!

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<smil xmlns:epub="http://www.idpf.org/2007/ops" xmlns="http://www.w3.org/ns/SMIL" version="3.0">
  <body>
    <seq epub:textref="001.xhtml">
      <par id="par0000">
        <text src="001.xhtml#nrt0000" />
        <audio src="../audio/001.mp3" clipBegin="0.00" clipEnd="3.19" />
      </par>
      <par id="par0001">
        <text src="001.xhtml#nrt0001" />
        <audio src="../audio/001.mp3" clipBegin="3.19" clipEnd="6.58" />
      </par>
      <par id="par0002">
        <text src="001.xhtml#nrt0002" />
        <audio src="../audio/001.mp3" clipBegin="6.58" clipEnd="10.38" />
      </par>
      <par id="par0003">
        <text src="001.xhtml#nrt0003" />
        <audio src="../audio/001.mp3" clipBegin="10.38" clipEnd="13.30" />
      </par>
      <par id="par0004">
        <text src="001.xhtml#nrt0004" />
        <audio src="../audio/001.mp3" clipBegin="13.30" clipEnd="17.32" />
      </par>
      <par id="par0005">
        <text src="001.xhtml#nrt0005" />
        <audio src="../audio/001.mp3" clipBegin="17.32" clipEnd="20.49" />
      </par>
      <par id="par0006">
        <text src="001.xhtml#nrt0006" />
        <audio src="../audio/001.mp3" clipBegin="20.49" clipEnd="23.50" />
      </par>
      <par id="par0007">
          <text src="001.xhtml#nrt0007" />
          <audio src="../audio/001.mp3" clipBegin="23.50" clipEnd="28.02" />
      </par>
      <par id="par0008">
          <text src="001.xhtml#nrt0008" />
          <audio src="../audio/001.mp3" clipBegin="28.02" clipEnd="31.83" />
      </par>
      <par id="par0009">
          <text src="001.xhtml#nrt0009" />
          <audio src="../audio/001.mp3" clipBegin="31.83" clipEnd="35.08" />
      </par>
      <par id="par0010">
          <text src="001.xhtml#nrt0010" />
          <audio src="../audio/001.mp3" clipBegin="35.08" clipEnd="38.94" />
      </par>
      <par id="par0011">
          <text src="001.xhtml#nrt0011" />
          <audio src="../audio/001.mp3" clipBegin="38.94" clipEnd="42.09" />
      </par>
      <par id="par0012">
          <text src="001.xhtml#nrt0012" />
          <audio src="../audio/001.mp3" clipBegin="42.09" clipEnd="45.30" />
      </par>
      <par id="par0013">
          <text src="001.xhtml#nrt0013" />
          <audio src="../audio/001.mp3" clipBegin="45.30" clipEnd="50.17" />
      </par>
      <par id="par0014">
          <text src="001.xhtml#nrt0014" />
          <audio src="../audio/001.mp3" clipBegin="50.17" clipEnd="53.75" />
      </par>
      <par id="par0015">
          <text src="001.xhtml#nrt0015" />
          <audio src="../audio/001.mp3" clipBegin="53.75" clipEnd="57.42" />
      </par>
      <par id="par0016">
          <text src="001.xhtml#nrt0016" />
          <audio src="../audio/001.mp3" clipBegin="57.42" clipEnd="61.04" />
      </par>
      <par id="par0017">
          <text src="001.xhtml#nrt0017" />
          <audio src="../audio/001.mp3" clipBegin="61.04" clipEnd="64.54" />
      </par>
      <par id="par0018">
          <text src="001.xhtml#nrt0018" />
          <audio src="../audio/001.mp3" clipBegin="64.54" clipEnd="69.66" />
      </par>
      <par id="par0019">
          <text src="001.xhtml#nrt0019" />
          <audio src="../audio/001.mp3" clipBegin="69.66" clipEnd="73.23" />
      </par>
      <par id="par0020">
          <text src="001.xhtml#nrt0020" />
          <audio src="../audio/001.mp3" clipBegin="73.23" clipEnd="77.74" />
      </par>
      <par id="par0021">
          <text src="001.xhtml#nrt0021" />
          <audio src="../audio/001.mp3" clipBegin="77.74" clipEnd="81.59" />
      </par>
      <par id="par0022">
          <text src="001.xhtml#nrt0022" />
          <audio src="../audio/001.mp3" clipBegin="81.59" clipEnd="85.74" />
      </par>
    </seq>
  </body>
</smil>

作った朗読EPUBを聴いてみた

(音量MAXにしないと聞こえないかも)

なるほど⤴?

学び

  • 音声同期部分は手作業でやるにはつらすぎる
  • Readium なら意外と簡単に朗読(音声同期)EPUBを作れる
  • マンション・アパートで朗読すると隣人に気を使ってとても精神が消耗する

朗読部の本体を作る前にボイストレーニングにとても行きたくなりました!

Advent Calendar 最終日は CTO の @edvakf のターンです。

ピクシブでは小説に興味があるエンジニアも募集しています。

2017/12/23(土)Voice Works Plus で青空文庫の作品を朗読してみた

こちらは「青空文庫 Advent Calendar 2017」の24日目の記事です。

Voice Works Plus というボイスチェンジャーを手に入れて遊んでいました。高齢者の嗄れた声も味があっていいのですが、どちらかというと萌えボイスのほうが好きです。

ボイスチェンジの2つのルート

Voice Works Plus のマニュアルの p.13 にあるように以下の2つのルートがあります。

  • ハーモニー/ダブリング
  • リード・ヴォイス・モデリング

スクリーンショット 2017-12-24 19.29.42.png

VoiceWorks Plus Manual - TC-Helicon p.13 より引用)

「ハーモニー/ダブリング」で作った声のほうが機械っぽさがなくていいのですが、なぜかどうやっても息のボイスチェンジが完全でないので、聴いてもらうためのボイスチェンジに使えるのは「リード・ヴォイス・モデリング」のみではないでしょうか。(なにか設定を間違えているのだろうか? あるいは呼吸音より充分大きい声を出せばうまくいくのだろうか?)

ボイスチェンジに有効なパラメータ

多少の個人差はあると思いますが私の場合は以下のような設定でボイスチェンジしました。

「ハーモニー/ダブリング」から声を作る場合

  • 「HC」(ハーモニーコントロール)を「Shift」にする
  • 「V2」(ヴォイシング: ハーモニー・インターバル)と「V3」(ヴォイシング・ジェンダー)パラメータを変更する

で大きく声を変えられます。しかし、なぜか呼吸音まで変換されないようなので「リード・ヴォイス・モデリング」から作るのがおすすめです。

「おっさん」から「女の子」へのボイスチェンジ用パラメータ
  • 「V2」を左から -24, -24, 12 or 13, 12 or 13
  • 「V3」を左から 50, 50, 40, 40

で女の子っぽくなれます。

「リード・ヴォイス・モデリング」から声を作る場合

  • L7(レゾナンス)
  • L9(ヴォイス、グロッタル・ミックス&トラクト・コントロール)
  • S0(ピッチシフト)
  • S1(フォルマント)

をいじると大きく変わります。

作った声

台詞:「良質なフォントとメガネっ娘は国の宝」

幼女風

小太り女性風

少女風

ボイスチェンジは確かにされているのですが、音に広がりがないように感じます。ボイスチェンジャーがダメなのかマイクが2万円台だからダメなのか隣人を気にして小声なのがダメなのか原因は調査中です。

青空文庫作品を朗読してみた

ハードウェア構成

オーディオの知識ほぼゼロの状態から1週間くらいで猛勉強して適当なものを買って接続しました😅

(音声が通っていく順)

朗読

中原中也の「サーカス」という詩を朗読してみました(音読に近い)が、非常な困難を感じました。一言くらいなら問題ないのですが、一文を超えだすと声が濁ったりして男の娘になっちゃいます😫

ボイスドラマのような短文のセリフ主体の作品のほうがうまくいくのではないかと思われます。この音声ファイルを利用した「女の子風ボイスの朗読EPUBを手作りしてみた」に続きます。

青空文庫 Advent Calendar 2017」も引き続きお楽しみくださいませ🙇

2017/12/12(火)「青空朗読」の紹介【音声同期Epub】

こちらは「青空文庫 Advent Calendar 2017」の11日目の記事です。10日目は @null さんの「null」でした。(つまり発表者がいませんでした😭)

Qiitaだと直接はプログラミングに関係のない記事を書くと削除されるおそれがあるので、決して他者に消されぬようにと、このブログを用意していて随分と間が空いてしまいました。

今回は「音声同期Epub」を中心に「青空朗読」を紹介をしたいと思います。

青空朗読とは

「青空文庫」の作品の…

  • 朗読を聴ける
  • 朗読を投稿できる

Webサイトです。

朗読作品を探す

以下の画像の通り「作品名」「作家名」「朗読担当者名」「ジャンル」「朗読時間」「(あらかじめ用意された)キーワード(タグのようなもの)」で探すことができます。

スクリーンショット 2017-12-11 22.27.50.png

朗読を聴く

Webサイト上で聴く

大多数の方がこれで充分かと思います。audio要素で出力されるインターフェースでよしなに聴くのみです。

写真 2017-12-11 22 32 42.png

音声同期Epubファイルで聴く

ファイルの開き方は「Epub(イーパブ)のご利用方法」に書いてあるので省略します。開くと以下のように読み上げ中の部分がハイライトされます。著作権法上、音声までは収録できませんでした。😅

文字が読めない方や子どもの反応が良かった云々という話を「青空文庫20周年記念シンポジウム」で聞いたような気がします。(記憶が曖昧です。)

音声同期Epubファイルの中身を見てみる

EPUBファイルはZIPファイルなのでMac上で拡張子を「zip」に変えてダブルクリック……ではどういうわけか「cpgz」という拡張子の謎のファイルが生成されたので、コマンドラインから「unzip」を唱えました。

ディレクトリ構造

treeコマンドでファイル構成を見ると、以下の通り、一般的なEPUBファイルという具合でした。

epub/
├── META-INF
│   └── container.xml
├── item
│   ├── image
│   │   └── cover.jpg
│   ├── js
│   │   ├── p-001.xhtml.smil.js
│   │   └── rb_smil_emulator.js
│   ├── navigation-documents.xhtml
│   ├── standard.opf
│   ├── style
│   │   ├── book-style.css
│   │   ├── image-center.css
│   │   ├── style-advance.css
│   │   ├── style-reset.css
│   │   └── style-standard.css
│   └── xhtml
│       ├── p-001.smil
│       ├── p-001.xhtml
│       ├── p-caution.xhtml
│       ├── p-colophon.xhtml
│       ├── p-cover.xhtml
│       └── rd115.mp3
└── mimetype

6 directories, 18 files

どのように音声同期を実現しているか

Synchronized Multimedia Integration Language(SMIL)」と「EPUB Media Overlays 3.0」で実現されていました。

前者はWikipediaの記事では以下のように説明されています。

Synchronized Multimedia Integration Languageは、WWW上でマルチメディアコンテンツを表現するためのマークアップ言語の一つである。静止画、動画、音声、文字(テキスト)などの、位置レイアウト、時間軸上でのレイアウトを、Extensible Markup Language (XML) フォーマットで記述することで統合し、再生させることができる。略称はSMILで、スマイルと読む。同期マルチメディア統合言語と日本語訳されることもある。

後者の仕様は日本語版では以下のように説明されてます。

EPUB Media Overlays 3.0 は、EPUB Content Document と同期する音声表現用に、[SMIL](同期マルチメディア統合言語)、Package Document、EPUBR Style Sheet、および EPUB Content Document の使用方法を定義する。

つまり、「EPUB Media Overlays 3.0」の仕様に従って「Synchronized Multimedia Integration Language」でどういうタイミングで同期するかを記述することでEPUBリーダーでよしなに再生できるようになるのでしょう。

rb_smil_emulator.js

EPUBファイルに含まれていたこのJavaScriptファイルは「EPUB Media Overlays」仕様を適切にサポートしていないプラットフォーム上でタップして再生を可能にするライブラリのようです。

This Javascript file enables the tap-to-play function on those platforms that do not properly support the EPUB 3 Media Overlay specification (most notably, Apple iBooks).

SMILファイルでの同期の記述

p-001.smil ファイルの中身を見ると、朗読ファイルである rd115.mp3 の再生開始位置と再生終了位置がテキストごとに記述されていました。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<smil xmlns:epub="http://www.idpf.org/2007/ops" xmlns="http://www.w3.org/ns/SMIL" version="3.0">
    <body>
        <seq id="s000001" epub:textref="p-001.xhtml">
            <par id="p000001">
                <text src="p-001.xhtml#S000001"/>
                <audio src="rd115.mp3" clipBegin="0.000" clipEnd="2.828"/>
            </par>
            <par id="p000002">
                <text src="p-001.xhtml#f000001"/>
                <audio src="rd115.mp3" clipBegin="2.828" clipEnd="6.287"/>
            </par>
            <par id="p000003">
                <text src="p-001.xhtml#f000002"/>
                <audio src="rd115.mp3" clipBegin="6.287" clipEnd="11.416"/>
            </par>
            ・・・
        </seq>
    </body>
</smil>

text要素のsrc属性でどのテキストかが指定されていました。p-001.xhtmlhead -n 18 で見ると以下の通りになっています。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE html>
<html xmlns:epub="http://www.idpf.org/2007/ops" xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" class="vrtl">
<head>
<meta charset="UTF-8"/>
<title>注文の多い料理店</title>
<link href="../style/book-style.css" rel="stylesheet" type="text/css"/>
<script type="text/javascript" src="../js/rb_smil_emulator.js"></script>
<script type="text/javascript" src="../js/p-001.xhtml.smil.js"></script>
</head>
<body class="p-main">
<div class="main">
<p><span id="S000001"/><span id="f000001">宮沢賢治 作</span></p>
<p><br/></p>
<p><span class="bold" id="f000002">注文の多い料理店</span></p>
<p><br/></p>
<p><br/></p>
<p> <span id="f000003">二人の若い紳士が、</span><span id="f000004">すつかりイギリスの兵隊のかたちをして、</span><span id="f000005">ぴか〳〵する鉄砲をかついで、</span><span id="f000006"><ruby>白熊<rt>しろくま</rt></ruby>のやうな犬を二<ruby>疋<rt>ひき</rt></ruby>つれて、</span><span id="f000007">だいぶ山奥の、</span><span id="f000008">木の葉のかさ〳〵したとこを、</span><span id="f000009">こんなことを<ruby>云<rt>い</rt></ruby>ひながら、</span><span id="f000010">あるいてをりました。</span></p>

このようにしてテキストと音声の同期が行われていることが確認できました。

朗読の投稿

メールで送る形式を取られています。音声ファイルは「宅ふぁいる便」「データ便」などのインターネットのファイル転送サービスを利用するして送付するようです。「掲載の可否は試聴した上での判断」とあるように、品質のチェックはやや厳しそうです。

投稿した朗読ファイルの権利回りの詳細は不明です。今度、お会いする機会があれば訊いてみたいところです。

まだまだ「青空文庫 Advent Calendar 2017」への参加者を大募集中です!

OK キャンセル 確認 その他